光や熱に弱いので注意

赤ちゃんの発育やママの健康に良いと言われている葉酸。

特に妊娠中や授乳期の女性に摂取が勧められていますが
赤ちゃんのために、できることならサプリよりも食品から自然に摂りたいものです。

ただ、そうなると葉酸が多く含まれている食品や調理方法などを知っておく必要があります。

葉酸が豊富に含まれる食品や性質

葉酸を多く含むものとしては、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、豆、レバーなどが多い食品として挙げられます。ただ、葉酸の性質として気を付けなくてはならないのは、光や熱に弱いということ。

例えば、食べるために加熱すると、多くの葉酸が失われてしまいます。
そのため、できれば生で食べる、もしくは加熱する場合はスープなどにして、スープに溶けだした分も一緒に摂ることができるように調理法を工夫しましょう。

炒めるなら短時間でさっと炒めるのが、栄養分をなくさないためのコツです。また、食品を冷暗所に保管し、光に長く当てないといった工夫も大切ですね。このことから葉酸が多く含まれるものを買ったら、なるべてく早く冷蔵庫に入れることを心がけましょう。

サプリは不足を補う目的で摂るのが一番

このように食生活を工夫しながら
日常的に葉酸を摂るのが理想ですが、不足しがちな場合はサプリメントなどを賢く使うのもひとつの方法です。

サプリメントなら調理の必要もなく、食事と同じタイミングで飲むだけで保管も簡単です。さらに外出先にも手軽に持っていくことができるので外出が多い方にもオススメです。

自宅に常備しておき、ちょっと足りなさそうな日はサプリで補うなど
工夫して取り入れることができれば、一番良いのではないでしょうか。